すべてのスタッフが子どもの発達を支援します。子ども発達支援センター 愛|山口市富田原町 

発達が心配な子どもの発達支援サービスについて

利用料

標準的な利用料(子ども発達支援センター愛)

 
項 目単位(1単位10円)
児童発達支援基本単価1081単位
児童指導員等加配加算(1)70単位
栄養士配置加算37単位
福祉専門職等配置加算(1)15単位
 計1,203単位

※ここに掲げたものは一日当たりの利用料です.利用された日数を乗じたものがひと月の利用料になりますが,保護者の所得に応じてひと月あたりの負担上限額が定められています(詳しくは下表を参照してください).
※ここに掲げた利用料は標準的なもので,お子様の状況や受けられたサービス,食事の有無や保護者の所得などによって変わります.
詳細については,こちらをご覧ください →  PDFファイル児童発達支援センター2018年利用料

標準的な利用料(親子通園部ゆう)

 
項 目単位(1単位10円)
児童発達支援基本単価827単位
児童指導員加配加算209単位
児童指導員等加配加算12単位
福祉専門職等配置加算(3)6単位
 計1,054単位

※ここに掲げたものは一日当たりの利用料です.利用された日数を乗じたものがひと月の利用料になりますが,保護者の所得に応じてひと月あたりの負担上限額が定められています(詳しくは下表を参照してください).
※ここに掲げた利用料は標準的なもので,お子様の状況や受けられたサービス,食事の有無や保護者の所得などによって変わります.
詳細については,こちらをご覧ください →  PDFファイル親子通園部ゆう2018年利用料



保護者の所得による1月あたりの負担上限額

保護者の所得負担上限額給食代(一食)
①市町村民税非課税世帯0円 0円
②住民税所得割28万円未満 4600円 200円
③住民税所得割28万円以上 実費 400円

    ※月額37,200円を上限として,実費の一割の額の負担があります.
    ・兄弟の状況等によって,利用料が減免されることがあります.詳細はお尋ねください.

給食代

給食は完全給食を実施しています.保護者の所得等に応じて,一食当たり0円,200円,400円の食材料費等の負担があります.